だれでも簡単に学べる

 

 

さといもの消費期限・賞味期限・保存方法(日持ちさせる方法)とは?【冷蔵・冷凍・解凍方法を記載】

アバター
WRITER
 
さといもの消費期限・賞味期限・保存方法(日持ちさせる方法)とは? アイキャッチ

スポンサードリンク



スポンサードリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

こんにちは。やさしい食品表示ラボです。

 

食品を販売する上で、食品表示はなくてはならない表示になります。僕たち、消費者は食品の表示を確認して商品選択に役立たせることが望ましいです。

 

しかし、ここで問題があります…

 

生鮮食品の食品表示では、名称と原産地の記載のみのため、商品の購入の際には、消費期限・賞味期限・保存方法(日持ちさせる方法)がわかりません。冷蔵庫に保管して、いつの間にか腐らせてしまった経験はあるのではないでしょうか?そのため、一つ一つの生鮮食品にピックアップして調査し、適切な保存テクニックをまとめてみます。

 

今回は、生鮮食品であるさといもの消費期限・賞味期限・保存方法(日持ちさせる方法)についてまとめていきたいと思います。特に保存方法は、常温保存・冷蔵保存・冷凍保存・漬けて保存・干して保存*を調査して記載しております。(*取り扱う生鮮食品により異なります)

 

 

本記事で学ぶ内容

  • 生鮮食品であるさといもの消費期限・賞味期限の目安がわかる。
  • 生鮮食品であるさといもの保存方法がわかる。 

 

スポンサードリンク

生鮮食品とは?消費期限・保存方法の記載がないのが特徴。

生鮮食品とは?②

 

生鮮食品とは、加工食品および添加物以外の食品と定義されております。水洗い、切断、冷凍したものが該当し、食肉を合挽きしたり、ブランチングした上で野菜を冷凍したものは、加工食品になります。

 

 

一般消費者向け生鮮食品の表示に消費期限・保存方法の記載なし!!

一般消費者向けの生鮮食品の食品表示例では、必要な表示項目は「名称」「原産地」になり、スーパーなどの量販店に生鮮食品コーナーを注意深く見てもらえれば、商品の名称・産地・価格しか記載されておりませんね。

 

生鮮食品を購入しても、適切な保存方法と消費期限がわからなければ腐らせてしまい、家庭での食品ロスにつながってしまいます。

 

 

<備考>生鮮食品は3つに分類されるよ

生鮮食品は、水産物、畜産物、農産物に分類されます。それぞれ表示に特徴があり、少しずつ抑えておきましょう。水産物、畜産物、農産物の表示例は下記のページをまとめております。勉強してみましょう。

 

 

さといもの特徴とは?

さといもの特徴とは?? 

 

さといもの特徴は、下記の通りになります。

 

栄養 でんぷん、たんぱく質 etc
効能・効果 高血圧予防 etc
9月〜11月
主な産地 千葉、埼玉 etc
品種例 土垂、京いも etc

 

関連記事

作成中 

 

さといもの消費期限・賞味期限・保存方法(日持ちさせる方法)の目安

さといもの消費期限・賞味期限・保存方法は、下記の通り表でまとめてみました。一つ一つみていきたいと思います。

 

保存方法 消費期限
冷蔵保存
  • 泥なし:1週間 
  • 泥付き:3週間
冷凍保存 1ヶ月
常温保存 1ヶ月
漬けて保存 なし
干して保存 1ヶ月

 

さといもの冷蔵保存と消費期限・賞味期限とは

さといもの冷蔵保存と消費期限・賞味期限は、下記の通りになります。

 

新聞紙で包んで保存:洗ったさといもは表面をよく乾かし、新聞紙で包んでからポリ袋に入れ野菜室で保存します。

泥付きのさといもの場合、気温の高くなる夏場は野菜室へで保存しましょう。ただし、泥付きのさといもは常温保存が可能なので、新聞紙で包んで風通しのよい場所に置きましょう。 

 

●保存期間(日持ちの目安):泥なしさといも→1週間  泥付きさといも→3週間 

 

さといもの冷凍保存と消費期限・賞味期限とは?オススメの解凍方法に関して

さといもの冷凍保存と消費期限・賞味期限は、下記の通りになります。

 

  • 生のまま切って冷凍:さといもの皮をむいて輪切りにし、生のままフリーザーバッグ(冷凍保存袋;ジップロック)に入れて冷凍室で保管しましょう。
  • かためにゆでる:さといもをかためにゆでて冷まし、冷凍保存袋に入れてます。大きなものはひと大口に切っておきましょう。  

 

●保存期間(日持ちの目安):1か月 

 

▶︎オススメの解凍方法:自然解凍・電子レンジ解凍。
→煮物などに使うときは、解凍せずに凍ったまま煮汁に加えて加熱しましょう。時短調理をする場合は、電子レンジで解凍しましょう。 

 

さといもの常温保存と消費期限・賞味期限とは

さといもの常温保存と消費期限・賞味期限は、下記の通りになります。

 

  1. 新聞紙に並べて保存:段ボールに新聞紙を敷き、泥つきの里いもを並べましょう。
  2. 新聞紙をのせる:湿気を取り除き、さといもの乾燥を防ぐために、新聞紙を上にのせて冷暗所で保存しましょう。蓋は閉じないのが秘訣です。

 

●保存期間(日持ちの目安):1ヶ月 

 

さといもの干す保存方法と消費期限・賞味期限とは

さといもの干す保存方法と消費期限・賞味期限は、下記の通りになります。

 

  1. 輪切りにする:さといもの皮をむいて輪切りにし、水にさらして水けをしっかり拭き取ります。
  2. ザルに並べて干す:ザルに重ならないように並べ、3日ほど干します。そのまま煮物や汁物に使用することができますよ。お好みでいちょう切りや角切りでも問題ないですよ。 

 

●保存期間(日持ちの目安):1ヶ月 

 

まとめ

今回は、生鮮食品であるさといもの消費期限・賞味期限・保存方法(日持ちさせる方法)についてまとめてみました。

 

 

ここがポイント

さといもの保存方法と日持ちの目安

  • 冷蔵保存:泥なし→1週間 泥付き3週間
  • 冷凍保存:1ヶ月
  • 常温保存:1ヶ月
  • 漬けて保存:なし
  • 干して保存:1ヶ月 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

スポンサードリンク



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© やさしい食品表示ラボ , 2020 All Rights Reserved.