だれでも簡単に学べる

ピーマンの消費期限・賞味期限・保存方法(日持ちさせる方法)とは?丸ごととカットしたもの違いとは。【冷蔵・冷凍・解凍方法を記載】

アバター
WRITER
 
ピーマンの消費期限・賞味期限・保存方法(日持ちさせる方法)とは? アイキャッチ

スポンサードリンク



スポンサードリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

こんにちは。やさしい食品表示ラボです。

 

食品を販売する上で、食品表示はなくてはならない表示になります。僕たち、消費者は食品の表示を確認して商品選択に役立たせることが望ましいです。

 

しかし、ここで問題があります…

 

生鮮食品の食品表示では、名称と原産地の記載のみのため、商品の購入の際には、消費期限・賞味期限・保存方法(日持ちさせる方法)がわかりません。冷蔵庫に保管して、いつの間にか腐らせてしまった経験はあるのではないでしょうか?そのため、一つ一つの生鮮食品にピックアップして調査し、適切な保存テクニックをまとめてみます。

 

今回は、生鮮食品であるピーマンの消費期限・賞味期限・保存方法(日持ちさせる方法)についてまとめていきたいと思います。特に保存方法は、常温保存・冷蔵保存・冷凍保存・漬けて保存・干して保存*を調査して記載しております。(*取り扱う生鮮食品により異なります)

 

 

本記事で学ぶ内容

  • 生鮮食品であるピーマンの消費期限・賞味期限の目安がわかる。
  • 生鮮食品であるピーマンの保存方法がわかる。 

 

スポンサードリンク

生鮮食品とは?消費期限・保存方法の記載がないのが特徴。

生鮮食品とは?②

 

生鮮食品とは、加工食品および添加物以外の食品と定義されております。水洗い、切断、冷凍したものが該当し、食肉を合挽きしたり、ブランチングした上で野菜を冷凍したものは、加工食品になります。

 

 

一般消費者向け生鮮食品の表示に消費期限・保存方法の記載なし!!

一般消費者向けの生鮮食品の食品表示例では、必要な表示項目は「名称」「原産地」になり、スーパーなどの量販店に生鮮食品コーナーを注意深く見てもらえれば、商品の名称・産地・価格しか記載されておりませんね。

 

生鮮食品を購入しても、適切な保存方法と消費期限がわからなければ腐らせてしまい、家庭での食品ロスにつながってしまいます。

 

 

<備考>生鮮食品は3つに分類されるよ

生鮮食品は、水産物、畜産物、農産物に分類されます。それぞれ表示に特徴があり、少しずつ抑えておきましょう。水産物、畜産物、農産物の表示例は下記のページをまとめております。勉強してみましょう。

 

 

ピーマンの特徴とは?

ピーマンの特徴とは??

 

ピーマンの特徴は、下記の通りになります。

 

栄養 ビタミンC、カロテン etc
効能・効果 血液凝固の予防 etc
6〜9月
主な産地 宮﨑、茨城 etc
品種例 クレセント、赤ピーマン etc

 

関連記事

作成中 

 

ピーマンの消費期限・賞味期限・保存方法(日持ちさせる方法)の目安

ピーマンの消費期限・賞味期限・保存方法は、下記の項目が必要になります。

 

●まるごとのピーマンを保存する場合

保存方法 消費期限
冷蔵保存 2週間
冷凍保存 1ヶ月

 

●カットしたピーマンを保存する場合

保存方法 消費期限
冷蔵保存 5日
冷凍保存 1ヶ月

 

ピーマン(丸ごと)の冷蔵保存と消費期限・賞味期限とは

ピーマン(丸ごと)の冷蔵保存と消費期限・賞味期限は、下記の通り表でまとめてみました。一つ一つみていきたいと思います。

 

  • ペーパーで包んだ後ポリ袋に入れる:ピーマン2〜3個ずつペーパータオルで包み、ポリ袋に入れ、野菜室で保存します。ただし、赤ピーマンは緑ピーマンに比べて日持ちがしないので、早めに使い切りましょう。 

 

●保存期間(日持ちの目安):2週間(赤ピーマンは1週間) 

 

ピーマン(カットしたもの)の冷蔵保存と消費期限・賞味期限とは

ピーマン(カットしたもの)の冷蔵保存と消費期限・賞味期限は、下記の通りになります。

 

ヘタと種を取る:傷みやすいヘタと種を取り除き、ラップで包んで保存します。まとめて切ったものは、軽く湿らせたキッチンペーパーを敷いた保存容器に入れて鮮度を保ちましょう。

 

●保存期間(日持ちの目安):5日 

 

ピーマン(丸ごと)の冷凍保存と消費期限・賞味期限とは?オススメの解凍方法に関して

ピーマン(丸ごと)の冷凍保存と消費期限・賞味期限は、下記の通りになります。

 

  • 丸ごと冷凍:ピーマンを丸ごとフリーザーバッグ(冷凍保存袋;ジップロック)に入れて冷凍します。カットするよりも劣化が少なく、おいしく保存可能になります。 

 

●保存期間(日持ちの目安):1か月 

 

▶︎オススメの解凍方法:自然解凍・凍ったまま調理。
→室温に5分ほど置けば凍ったまま切れます。自然解凍して水けを絞ればおひたしに使用できます。 

 

ピーマン(カットしたもの)の冷凍保存と消費期限・賞味期限とは?オススメの解凍方法に関して

ピーマン(カットしたもの)の冷凍保存と消費期限・賞味期限は、下記の通りになります。

 

  • 切って生のまま冷凍:ヘタと種を取って、使いやすい形に切ります。フリーザーバッグ(冷凍保存袋;ジップロック)に平らに入れて、空気を抜いてほぞんします。 

 

●保存期間(日持ちの目安):1か月 

 

▶︎オススメの解凍方法:凍ったまま調理。
→使いやすい形にカットした上で冷凍しておくと非常に便利ですよ。  

 

まとめ

今回は、生鮮食品であるピーマンの消費期限・賞味期限・保存方法(日持ちさせる方法)についてまとめてみました。

 

 

ここがポイント

ピーマンの保存方法と日持ちの目安

  • 冷蔵保存:2週間(丸ごと) 5日間(カットしたもの)
  • 冷凍保存:1ヶ月(丸ごと&カットしたもの) 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

スポンサードリンク



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© やさしい食品表示ラボ , 2020 All Rights Reserved.